学校案内

お問合せは

コースの紹介

ドッグトリマーコース【トリマー養成】

週3日の豊富な実習は、自然に実践的なテクニックを身に付けることができます。
1にも2にも練習あるのみ!
1回でも多く実習を重ねることで、より確実な習得をめざします。
わんわんランドの豊富な犬種を使って実習することが出来るので、就職してからとっても有利!
せっかくテクニックを身につけても、いつも決まった犬種では実力が試せません。
さまざまな犬種をこなせば、それが自信に変わってきます。
一人一頭のパートナードッグ制度は、それぞれがプードルの子犬を担当します。
ラインセンス試験では自分のパートナードッグを使って実力を発揮。
共に歩んできたパートナードッグと学生の成果が試されます。

犬種・頭数ともに豊富な実習犬で経験を積める!
週3日の実習を実現。豊富なモデル犬により多種多様多数なトリミングが可能です。授業時間内に仕上がらなかった犬も、わんわんランドの犬なら翌日引き続き実習を行えるので、最後まで自分で仕上げることができます。一人で一頭を最後まで仕上げられる能力と迅速に仕上げられる能力を豊富な実習授業で養成します。
実習中心のカリキュラムで、総合的な知識・技術が身に付きます。
トリミングの実習犬は入学時に貸与されるパートナードッグ(トイプードル)、一般の飼い主さんからのお預かり犬、わんわんランドの犬たちなど頭数、犬種とも群を抜いた豊富さです。1年次に2級・3級のライセンスを取得。卒業時には、厚生労働省認可(社)全日本愛犬技術者指導協会の公認1級ライセンスを取得することができます。
パートナードッグを通じた幅広い学習。
パートナードッグの日々の飼育管理から適切な飼育方法を学ぶことが出来ます。また、トレーニング実習もカリキュラムに含まれておりパートナードッグを通じて幅広く学ぶことが出来ます。トリミングの技術のみではなく様々な学習を通じて、接客時に受ける問い合わせに対する対応力を身に付けることが出来ます。
カリキュラム
週3日の実習を通して、確実に技能が身に付きます。
パートナードッグと豊富なモデル犬により、多種多様なトリミング技術を習得できます。
基礎科目
犬学
猫学
スタンダード学
ペット販売学
動物飼養管理学
ペットビジネス学
ペットショップ概論
ビジネスマナー
基礎獣医学
飼育管理学

専門科目
繁殖学実習
トリミング概論
トリミング実習
ハンドリング実習
グルーミング概論

◆スタンダード学
犬の骨格・体について各犬種の原産地・歴史
・ドッグショーについて学びます。

◆ペットビジネス学
ペット業界の構造や販売・商品知識を学び、
就職や飼い主へのアドバイス、
開業に必要なノウハウを習得します。

◆飼育管理学
犬の登録や血統書、犬種によりかかりやすい病気や
健康管理などについて学びます。

◆トリミング実習
シャンプーやブロー、犬種に適したカッティングなど
基本的な分野を担当犬やモデル犬を使って実習します。

◆トリミング概論
各犬種のトリミング方法・用語・手入れの必要性
・手入れ方法などを学びます。

◆基礎獣医学
基本的な体の構造や健康維持について、
犬病学・猫病学・薬理学などの基礎知識を学びます。

取得可能資格
当校は厚生労働省認可(社)全日本愛犬技術者指導協会の正式認定校です。
全員が厚生労働省認可協会のライセンスを取得可能です。
※上記ライセンス費用は、受験料・合格時の登録料を含んだ金額(自己負担)です。
※(社)全日本愛犬技術者指導協会は、最初のライセンス取得時に入会金・年会費として別途6,000円が必要となります。
※表中の○は「必須ライセンス」、△は「選択ライセンス」です。
進路・職業【主な活躍の場】
プロトリマー・ペットショップ・ペット美容室・動物病院・ペットホテル・動物プロダクション
・ペットテーマパーク・ハンドラー・ブリーダー・ペットシッター・ペット関連企業 他
先生の声
宮本利子(トリミング・主任講師) トリミング技術上達のポイントは、実習を何時間こなすか、何頭の犬を扱うか、そして何種類の犬を経験したか、で決まります。トリミング実習は週3日と、一般的な学校より多くの時間を割いており、実習犬はわんわんランドの犬たちと登録モデル犬で1000頭を超えています。さらに、プロトリマーとしては「トリミング犬種」(アメリカン・コッカー・スパニエル、エアデールテリアその他多数)を扱うことが必須になりますが、これらの珍しい犬種もわんわんランドにたくさんいますので、日常的に扱うことができて大変有利です。当校の大きな特長である1人1頭のパートナードッグは、ドッグトリマーコースでは、代表的なトリミング犬種であるプードルとなります。パートナードッグの飼育管理やトリミングを通じて、卒業時にはオールマイティなトリマーとして社会に出ることができます。

ページの上へ戻る